誰でも作れて超簡単!のウェブページ制作方法

  • 2019年5月28日

簡単ホームページ制作の流れ

ホームページを製作する前にはいくつかの基本的な準備があります。まずはドメインを取得しなければなりません。既に誰かが使用しているドメインを使うことはできませんから、ドメイン取得サービスにアクセスし、WHOISで検索して希望のドメインが空いているかを確認します。ドメインを取得したら、次はホームページの置き場所であるサーバの契約です。各種レンタルサーバの費用やサービスを比較して、好みに合うサーバを契約しましょう。

ここまで下準備ができたらいよいよ作成に入りますが、ここで多くの方が挫折しがちです。その原因はコーディングの大変さに尽きます。そこで誰もがもっと手軽にウェブ制作を楽しむことができることを目指して、コーディング知識を全く必要としないウェブ制作の方法が開発されました。それがWYSIWYG(What you see is what you get.=見たままを手に入れる)と呼ばれるサービスで、ページ上の希望の位置に写真や動画、各種オブジェクトをマウスで配置していくだけで、見たままのウェブページを完成させることができます。

デザインもアイデアも全てお任せ

作成方法が簡単になっても、ウェブデザインのアイデアは簡単には出てきません。どんなページデザインにするのか、ページの構成をどうするのか、アイデアを振り絞っていくのですが、これもなかなか大変です。そこでWYSIWYGサービスの中には全くアイデアが出ないというときのために、各種テンプレートを多数用意してくれています。プロのデザイナーが手がけたハイクオリティなものばかりですから、写真を入れ替えてテキストを書き換えるだけで、そのまま自身のホームページとして使用することができます。これなら制作期間わずか1日で完成させられます。

コーディング会社選びにおいて、重要なポイントの一つとなるのが対応力です。短納期で仕上げたい場合などにも臨機応変に対応してくれる会社は頼りになります。